風俗のフムムタイム

風俗のフムムタイム

投稿日:2015年9月1日 カテゴリ:お金のかかる風俗の体験談

色黒巨漢といえば小錦を連想しませんか?しかもアロハシャツにサングラス掛けてたら小錦と断定しても良いと憲法に記載されていてもおかしくはないくらいですね。ところがこの色黒巨漢グラサンは小錦ではなく風俗嬢だったのです。しかも悲劇的なことに私とプレイすることになる風俗嬢だったのです。背は多分170センチくらい。かなりの大柄ですが横幅はもっとすごかったです。完全に体重は100キロを超えていました。なぜこんな嬢を採用したのか。店長を小一時間問い詰めたい気分になりましたがこの後この嬢と小一時間プレイしなければならないと思うと意識が飛びそうになりました。デブが好きとか一言も言った覚えはないんですけども…。プレイ中はずっと本物の小錦と一緒にいるような圧迫感がありました。せめて小錦なウクレレでも弾いてくれれば心も落ち着いたかもしれないのですが嬢は残念ながらウクレレは持ってきていませんでした。プレイ後は関節の節々が痛かったです。ずっと上に乗られていたからでしょうね。ほんとなぜこんな嬢を雇ったのか。雇った直後から急激に太ったのか…つらいです。